布団カバーの簡単な作り方(子供・保育園)TOP
Advertising

布団カバーの簡単な作り方

保育園の子供用の布団カバーが紐留めだったのですが、ズレてしまい、中の布団がはみ出す始末。
ファスナー付きにして布団が出ないことはもちろん、掛け布団にズレ防止の紐を四隅に付けることで、布団が布団カバーの中で片寄るのも防ぎます。
これで、布団のストレスが全く無くなりました。

布団カバー

簡単なファスナーの付け方、簡単な紐の縫い方など、布団カバーの簡単な作り方を紹介していますので、参考にしてみてください。

ファスナー

保育園の子供用の布団カバー

布団カバーの材料

  • 布(掛け布団 表・裏、敷布団 表・裏)×4枚
  • ファスナー(掛け布団、敷布団)×2本
  • アイロン

布団カバーを縫う

<図面>

写真は保育園の子供用の布団ですが、サイズを変えればあらゆる布団カバーや他のものにも応用できると思います。

布団カバー図面

掛け布団カバーは(掛け布団の横サイズ+2.5cm)×(縦サイズ+2cm)
敷布団カバーは(敷布団の横サイズ+2.5cm+厚み)×(縦サイズ+2cm+厚み)

生地・ファスナーの裁断方法はこちら。

> 生地・ファスナーを裁断

生地の縫い方はこちら。

> 生地を縫う

ズレ防止の紐の縫い方はこちら。

> 掛け布団カバーと掛け布団にズレ防止の紐を縫う

布団カバーが完成

出来上がったら、ズレ防止の紐を四隅に結び付けて完成です。

ズレ防止の紐を四隅に結び付ける

布団カバーが完成

ポイントはこちらにまとめました。

布団カバーの作り方のポイント



Advertising
Copyright (C) 布団カバーの簡単な作り方(子供・保育園). All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。